私どもはご支援します。教育委員会の情報システム係としてご用命いただけるように

カテゴリー: 教育委員会でコンピュータ関連の担当になったら最初に読む   パーマリンク

皆さんこんにちは
4月に入り、新しく教育委員会行政職になられた方も多いのではないでしょうか。
今回はこの「4月に入って少し落ち着いてきた」時期ですので、私どもが行っているご支援についてご説明させていただければと思います。
「こういうことを外部委託で頼むことができるんだな」と思って頂けるとありがたいです。

支援イメージ

教育委員会という組織を、役所の縮小版だと思って頂ければと思います。
それぞれやらなければならないことがあるのですが、特にICTに関しては、専門部署・専門家がいなくても、学校に導入する際には仕様書を書いて入札をして適切に導入し、運用していく必要があります。
役所には「情報システム部門」があると思いますが、その組織の規模を考えて頂ければ困難さがわかるのではないかと思います。

 児童生徒一人台タブレットを導入すると、全校生徒100人だとするとそれだけで100台です。3校あれば300台。
それだけのパソコンを管理しないまま自由に使っているとあっという間に訳が分からなくなります。
そのうえ、それだけの規模のパソコン数があっても専門家がいない場合、「どうしたらいいんだ」、ということになりがちですね。

 そこで、私どもは以下のようなご支援を行います。

<予算獲得>

  •  ・予算獲得のために必要な資料の作成のご支援を行います
  •  ・最新情報をご提供します
  •  ・下見積を取るための機器構成を考える等ご支援を行います

<仕様書作成>

  •  ・仕様書に書いておくべき項目、必ず実現したいことに関してどのように書けばよいかご支援をいたします

<入札質問回答>

  •  ・質問に関しての回答作成のご支援を行います

<導入管理>

  •  ・導入業者と教育委員会の間での認識違い等をなくすため、打合せの同席、議事録の確認等のご支援を行います
  •  ・手順書、パソコン設定等の確認時のご支援を行います
  •  ・現地設定等の確認に同行し、ご支援を行います
  •  ・導入時研修の内容についてどこを重点的に行うか等ご支援を行います
  •  ・導入時マニュアルの内容について、現場の先生にとって十分わかりやすいものかどうか確認のご支援を行います

<導入完了>

  •  ・検収等、完了確認に同行し、ご支援を行います
  •  ・完成図書の確認ご支援を行います

<運用支援>

  •  ・ヘルプデスクが電話受付を行い、現場の疑問に答えます
  •  ・ICT支援員が研修支援等を行い、スムーズな運用のご支援を行います
  •  ・問合せ内容を分析、ICT支援員報告書を分析し、合わせて課題を抽出、解決策と共にご提案いたします

大まかにご紹介させていただきましたが、私どもの目指すところは「教育委員会情報システム係」です。
ICTの活用等でのご支援を行うことで、自治体の目指す教育、未来を担う子どもたちへの教育を実現するご支援ができることをとてもうれしく思います。

ICT支援員と包括的ヘルプデスクのご一緒の業務委託でより強力に教育委員会行政職の皆様をサポートさせていただければと思います。
ご興味がおありでしたらどうぞお気軽にお問合せください。