教育委員会行政職の皆様に送る 教育の情報化について抑えるべき10の資料と3観点

投稿日 | カテゴリー: ICT支援員の育成・確保のための調査研究事業 成果報告書, クラウド導入ガイドブック, 小学校プログラミング教育の手引き, 情報活用能力を育成するためのカリキュラム・マネジメントの在り方と授業デザイン, 教員の多忙化, 教育ICTガイドブック, 教育のIT化に向けた環境整備4か年計画, 教育の情報化に関する手引き, 教育の情報化の実態化に関する調査, 教育の情報化ビジョン, 教育の情報化加速化プラン, 教育委員会でコンピュータ関連の担当になったら最初に読む, 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン, 教育情報化コーディネーター |

皆様こんにちは

教育情報化コーディネーター1級保持者が「教育委員会行政職」の皆様に「教育の情報化」について情報をご提供させていただいているHBI通信もおかげさまで100回を超えることができました。ありがとうございます。
 記事が多くなりましたので交通整理のために改めて目次を設定させていただきます。お仕事のお役に立てれば幸いです。

HBI通信イメージ

◆教育委員会でコンピュータ関連の担当になったら最初に読む

1 教育の情報化ビジョン(平成23年4月28日公開)
https://ict-help.jp/hbi/category/read-first/information-vision/
2 教育の情報化に関する手引き(平成22年10月29日公開)
https://ict-help.jp/hbi/category/read-first/information-manual/

 
これら2つの資料は、現在の教育の情報化を考えるうえでわかっていることが前提、という扱いの資料になります。公開されてから時間が経っていますが、まずこちらに目を通していただくことが必要かと思います。

3 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(平成29年10月18日公開)
https://ict-help.jp/hbi/category/%e6%95%99%e8%82%b2%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%a9/

待ったなしの対策を余儀なくされるセキュリティに関してまとまっている資料です。難しいと感じられる方も多い資料ですが、少しずつご一緒に読み解いていければと思います。

4 教育の情報化加速化プラン(平成28年7月28日策定)
https://ict-help.jp/hbi/category/read-first/%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%ae%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%8c%96%e5%8a%a0%e9%80%9f%e5%8c%96%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3/
もっとも読みやすいと思われる資料です。10Pとまとまっており、今すぐ何を行うか、と具体的な事例が書かれています。

5 小学校プログラミング教育の手引き(平成30年3月30日公開)
https://ict-help.jp/hbi/category/%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%ae%e6%89%8b%e5%bc%95%e3%81%8d/
2020年より必修化される小学校プログラミング教育についての手引きです。「今後こういうことを現場で行う必要がある」ということについてご理解いただくための資料になるかと思います。

◆事例を知りたくなった時に読む資料

6 教育ICTガイドブック(平成29年6月30日公表)
https://ict-help.jp/hbi/category/%e6%95%99%e8%82%b2ict%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af/
7 クラウド導入ガイドブック(平成28年5月20日公表)
https://ict-help.jp/hbi/category/%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%89%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af/

環境整備の道筋がわかる資料です。先進的な他自治体の事例も豊富に載っていますので、「提案されても想像がつかない」ようなことについて調べるとき重宝されるのではと思います。

8 情報活用能力を育成するためのカリキュラム・マネジメントの在り方と授業デザイン(平成30年5月公開)
https://ict-help.jp/hbi/category/%e6%83%85%e5%a0%b1%e6%b4%bb%e7%94%a8%e8%83%bd%e5%8a%9b%e3%82%92%e8%82%b2%e6%88%90%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%9e/
先生方が普段どうやって子供たちの学びに向き合っているか、豊富で具体的な事例でICT活用を行いつつ今後の授業について考えるための資料です。どのような機器をどう使うか、のイメージが沸きやすいかと思います。

◆業務の参考となるもの

10 ICT支援員の育成・確保のための調査研究事業 成果報告書
https://ict-help.jp/hbi/category/ict%e6%94%af%e6%8f%b4%e5%93%a1%e3%81%ae%e8%82%b2%e6%88%90%e3%83%bb%e7%a2%ba%e4%bf%9d%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e3%80%80%e6%88%90/
ICT支援員を活用したいときにどのようなことに気を付けて活用すれば費用対効果として最大限となるか等のヒントが満載です。

11 教員の多忙化
https://ict-help.jp/hbi/category/%e6%95%99%e5%93%a1%e3%81%ae%e5%a4%9a%e5%bf%99%e5%8c%96/

そもそもなぜ先生は多忙なのでしょうか。ご自分が学校で見ていた先生と今の先生は何が違うのでしょうか?根本をご理解いただきたいと思います。

これらの記事をご確認いただいて、少しでも皆様の自治体の教育の情報化に貢献できれば幸いです。

外出時の携帯はとても重要な役割を果たします

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。そして、その後のICTを取り巻く状況の大きな変化に対応して、2020年6月に追補版が発行されました。要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html

190

本日は追補版第4章 聴覚に障害のある児童生徒のICTの活用についてご説明します。

手引きには保有する聴覚を最大限活用するとともに視覚等の他の感覚器官の情報に置き換えて情報を伝達する工夫が必要である、とあります。

あと、気づきにくいことですが、音声情報が入らないので、言語の獲得の困難が生じやすくなっています。そのため、学習の活動内容や進め方にも多様な創意工夫が必要となる、と手引きにもあります。

聴覚障害については、視覚から情報を得ることができるため、情報機器を活用することに意義がある、と以下のように手引きにはあります。

情報機器は視覚からの情報が豊富である特性から,聴覚障害者である児童生徒が自らの生活を充実していく上で有用な機器であり,障害による困難を克服して情報を得たり,コミュニケーションのためのツールとして活用したりすることは大いに意義のあることと言える。

例えば、手話だけではなく、字幕があればもっと授業の理解が進むこともあるでしょう。最近のICT機器は字幕を付けることについて大変やりやすくなっています。

チャイムの音やブザーの音も聞こえづらいことがあるため、代わりにライトが設置されていることも多いのですが、最近はさらにそこに、インフォメーションホワイトボード等で「文字を大きく表示」することも増加していると手引きにはあります。「見える校内放送」としての取組みですね。

携帯電話、スマホ等の情報端末の発達は、文字でやり取りできるため外出中の突然の出来事等もずいぶん対応できるようになった、と聴覚障害を持つ友人たちは口をそろえます。メールでやり取りできるため、待ち合わせ場所への遅刻(!)(あるあるですね)の連絡等に大活躍だということです。

半面、言語獲得が困難である、と最初に述べたように、「言語習得がなされていることを前提とした文字でのコミュニケーション」については慎重に取り扱わないといけません。そういうギャップが起こる可能性がある、ということについて、情報モラル、ICTリテラシーとして特に聴覚障害を持つ児童生徒には伝えておく必要があると言えるでしょう。

 

次回は、知的障害のある児童生徒のICTの活用についてお送りします。

その子に合ったものをいろいろ試せることが重要です

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

 

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。そして、その後のICTを取り巻く状況の大きな変化に対応して、2020年6月に追補版が発行されました。要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html

189

本日は追補版第4章 視覚に障害のある児童生徒のICTの活用についてご説明します。

手引きでは、現在のコンピューターがわかりやすいインターフェースとしてGUIを採用していると述べています。その結果、視認性重視のこのインターフェースは視覚障害を持つ児童生徒にとって、デジタルデバイドをもたらす可能性がある、とあります。

Windows95が出たころ、私の全盲の友人は、「マウスでどこそこをクリックとか無理」と嘆いていました。「視覚障害者である児童生徒の情報活用能力を育成するためには,読み取りにくい画面の情報を,画面の拡大や色調の調節などで補うとともに,視覚から得られない情報については,聴覚(音声読み上げ)や触覚(ピンディスプレイ5等)などの代替手段により補うなど,個々の障害の状態に応じた工夫ができるようにすることが必要である。」と述べているように、全盲の児童生徒と弱視の児童生徒、視野狭窄の児童生徒に必要な代替手段は違います。その児童生徒に合った補助装置、代替手段が選べるようになるのが一番ですね。

障害を持つ、持たないにかかわらず、情報活用能力は日本の教育を受ける児童生徒が必ず身に付けなければならない基盤的な力と位置付けられています。デバイスのせいでその活用能力の育成が妨げられているようでは未来は明るくありません。

点字入力のできるソフトウェアを導入したり、キーボードの位置を覚えられるよう、キー配列についての知識を習得するのも重要ですね。アルファベットの大体の位置は同じでも、エンターキーやバックスペースキー、コントロールキーなどの位置はキーボードによって微妙に変わります。ファンクションキーに割り当てられている情報も変わります。まずそれが「変わることがある」という情報を持っていることが重要ですね。そして、各社のキーボード規格はそのうち統一してくれることを望みます。

学習の支援で飛躍的に情報量がふやせたのは、「文字がデジタル化され、点字出力や拡大出力、白黒反転等が容易になった」ことが大きいです。私が学生の頃は、印刷物を点訳するのは全て目視でした。点字プリンターがあることはありましたが、文章をデジタル化したものはあっても、分かちは全て手動で実施する必要があるのであまりスピードアップにはつながりませんでした。

点字は全て「音」で表現します。漢字はありません。よって、文章を表現するときに、独特の表現方法を学ぶ必要があります。
母はははと笑った
を点字で打とうとすると
ハハワ ハハハト ワラッタ
と表記します。これが最近はかなり自動化されていると聞きました。完全に任せる、というのはなかなか難しいのですが、かなりの精度でできるようになってきたのはとてもいいことです。

弱視の児童生徒にはデジタルデータは文字を簡単に拡大できるのがいいですね。フォントも見やすいものが選べますし、黒地に白が見やすいのか、あるいは緑地に白か等その子どもに合った背景の色、文字の色も選べます。フォントとフォントの幅も簡単に変えられますし、コピーを何度もやりなおして…という試行錯誤の時間が格段に減りました。

視野に障害のある児童生徒が見やすい位置にディスプレイを固定できる等、ICT機器はうまく活用していくことで視覚障害を持つ児童生徒の情報活用能力の育成や学習活動の広がりをもたらします。
手引きを参考に、必要な機器がもっと積極的に選べるように、試せるようになるといいですね。

次回は、聴覚に障害のある児童生徒のICTの活用についてお送りします。

発達障害のある児童生徒へのICTの活用は、一律ではなく、その場に応じて、が適切です

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。そして、その後のICTを取り巻く状況の大きな変化に対応して、2020年6月に追補版が発行されました。要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html

ii

本日は追補版第4章 発達障害のある児童生徒へのICTの活用についてご説明します。
様々な学習上の困難さに応じたICTの活用が掲載されています。障害によって「何が困難なのか」は変わりますし、ICT機器を使ったからすべて解決、ではないことも皆さんご理解いただいていると思います。ICT機器を使ったらこういう困難さが軽減されることがあるよ、ということが手引きでは述べられています。
困難さを抱えた側は、「大勢に合わせる」ことを常々強いられています。だからこそ、ICT機器を使った結果、今まで合わせなければならないので我慢していたことが、我慢せずにすむことがある、という喜びをたくさん知ってもらえれば、と思います。

発達障害のある児童生徒の中には、コンピュータ等の情報機器に興味・関心を強く示す者もいる、と手引きにはあります。もちろんそういう児童生徒には学習意欲を引き出したり、集中力を固めたりするためにICT機器を活用すれば、目に見える効果が期待されるでしょう。
また、認知処理に偏りを持つ子供の場合は、情報機器によってその偏りや苦手さを補ったり、得意な処理をより伸ばしたりするなどの活用も想定できる、とあります。例えば、字を書くことについて困難を持っている発達障害の子どもが存在しますが、代わりにキーボードで入力することで、ノートを取れる、文章を書ける、という活用方法が考えられる、ということです。
通常学級に在籍する発達障害のある児童生徒のために、指示を細かく分類し順序立てたり、紙に書いて大きくプロジェクターで投影する等を実施すると、発達障害がない児童生徒にも指示が通りやすくなる、ということが考えられます。手引きには「発達障害のある児童生徒に配慮した指導の多くは、他の児童生徒にも効果的な指導である場合がある」ことを考えるようにとあります。

これらを踏まえて、8つの情報機器の活用例が手引きには挙げられています。
1 読み書きに関する場面
2 読字や意味把握に困難さがある場合
3 書字の困難さがある場合
4 一斉学習での教材定時に関する場面
5 クラスのルール、決められた手順、役割分担、見通し及び行動修正に関する場面
6 気持ちや出来事の整理と自己コントロールや表現に関する場面
7 算数・数学などの学習に課題のある場合
8 大切な話を聞く場面
これらに、どのように機器を活用するか、という具体的な方法が書かれています。

発達障害のある子どもたちが、少しでも生きづらさから解放されるのであれば、試してみる価値はありますね。合う、合わないがありますから、どれもこれも全部やる、ではなく、「やってみたら好さそうなんじゃないか」と本人や家族、いつも見ている先生が思うことから、少しずつ試すといいかもしれません。その時に、ではそのICT機器は、どのように調達するか、ですとか、どう融通を利かせるか、に関しては行政職の皆様の出番ですね。
学校現場に役に立つ機器が導入されるととてもいいなと思います。

次回は、視覚に障害のある児童生徒のICTの活用についてお送りします。

ICTを活用した学習場面は、学校に限定されなくなってきました

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。そして、その後のICTを取り巻く状況の大きな変化に対応して、2020年6月に追補版が発行されました。要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html

111

本日は追補版第4章 各教科等におけるICTを活用した教育の充実についてご説明します。

小学校、中学校、高等学校それぞれの教科においてどのようにICTを活用するかが書かれています。国語、算数をはじめとして特別活動や特別の教科道徳等様々な場面での活用があり、とても参考になります。今回その中でも、特に音楽、美術に注目しましょう。
STEAM教育、という言葉は耳にされたことがあると思います。STEMから、STEAMへ、現在アメリカやオーストラリアを中心に、STEAM教育の実践が広がっています。

STEAMとは、Science、 Technology、 Engineering、Art、Mathematics の頭文字をとったものです。Aが後から追加されたということは、Artが後から追加されたということですね。科学技術を実際に使い、様々なものを作り出していく力が今後必要になるわけですが、その際、Art(リベラルアーツ含む)を活用することで、より分かりやすいもの作りができる、という風に捉えられています。

文字ばかり並べたものより、デザインされたポスターや資料の方が伝わりますよね。また、リベラルアーツは教養、と訳されることが多いですが、あらゆる分野の様々な教養があることが、とてもものづくりをはじめ、人生を豊かにする経験がおありの方も多いのではないでしょうか。「月がきれいですね」の言葉をチャンスととらえるか、流すかでその後の人生が変わってしまう方もいらっしゃるかもしれません。深読みしすぎて撃沈、ということもあるかもしれませんが。

それでは、今回は小学校の音楽、中学校の美術でどのようなICT活用が紹介されているか見てみることにしましょう。

ICT機器には、便利な機能がたくさんついているものもありますが、小学校の音楽においては、学習の目的を踏まえるという意味で、厳選して絞り込んだ機能を用いる、という風に手引きにはあります。
表現活動では楽譜や歌詞を拡大提示するところから案内がある。また、自分たちの録音を聞くことは昔からよく行われてきていますが、更にそれをサウンド・スペクトログラムなどを使って「音を可視化する」という手法にも言及されています。

また、楽器の音色を変えることも簡単にできることから、どの楽器で演奏するのが良いか、ということも比べて考えられる、とあります。

鑑賞では、曲のどの部分を聞いているかわかるようにしたり、曲を分割して、正しい順番に並べ替えたりする、という活動が考えられるとあります。
従来の手法でもできることですが、ICTを活用すると、よりたくさんの量が経験できるというものですね。音楽に触れる、ということだけで人間の魂が揺さぶられることがあります。必ずそうなるわけではありませんが、そういうことも起こる、ということは分かっているのですから、その機会がたくさんあるとよいですね。

中学校の美術では、ICTを活用することと、実物を見たり、実際に対象に触れたりすることを題材のねらいに応じて吟味し、効果的な指導を行うよう手引きにはあります。これらを実施することで、生徒が見通しをもって主体的に学習を進めたり、互いの見方や感じ方、考え方を共有して思考を深めたり、振り返って新たな課題を見つけたりする活動を充実することが重要、とあります。
発想や構想をする活動では、制作過程や作品をデジカメ等で撮影し、振り返りの学習に活用する、という手法が提示されています。作品の途中の姿は忘れてしまいがちですので、振り返りの時に「そういえばここではこういうことを思って作っていた」ということを思い出せるだけでも成功と言っていいのではないでしょうか。

表現活動では、映像メディアによる表現の発展性に言及されています。写真、ビデオ、コンピューター等従来の表現手法にとらわれない新しい表現手法を考えていけるといいですね。それこそ「ロードランナー」がその後の映画を変えたように、「AKIRA」のバイクが世界中に広まったように、時代を切り開く表現手法がありますね。コンピュータグラフィックの発展も目覚ましく、今やゲームの3Dポリゴンはアニメーションのように滑らかに動きます。積極的に様々な表現手法を取り入れることが求められる、とあります。私も、これを書いていると「漫画で表現できたら一瞬なのにな」ということをよく思います。

美術作品や美術文化などの見方や感じ方を広げたり深めたりする場面では、実物と直接向かい合うことが理想であるとありますが、すべての本物にはなかなか出会えません。本物に出会える機会を確保しつつ、その何倍もICT機器を使って出会える活動を行っておくことは大切ですね。私も、いつも読んでいる漫画の原画展に行ったときのことを鮮明に覚えています。紙で単行本を買い、電子書籍でも買い、とそれくらい好きな作品で、そのシーンも穴が開くほど何度も何度も繰り返し読んでいたのですが、原画を見たときに圧倒されました。圧倒される、という表現でしか表現できないところがもどかしいのですが、「やはり本物は違う」ということをとても理解した瞬間でした。インターネット越し、印刷越し、モニター越しでもよさは十分感じられますし、たくさんの作品に出会えます。そのうえで、本物に触れる機会があるとなおいいですね。

このような形で、授業に溶け込んだICT活用についてそれぞれの教科での説明がなされています。ぜひ、ご覧になっていただくと、どのようなICT機器を入れるといいのか、という目が養われると思います。拡大提示装置が必須なことがわかっていただけるのでは、と思います。

次回は特別支援教育におけるICTの活用についてご説明します。

ICTを活用した学習場面は、学校に限定されなくなってきました

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。そして、その後のICTを取り巻く状況の大きな変化に対応して、2020年6月に追補版が発行されました。要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html

vv

本日は追補版第4章 教科等の指導におけるICTの活用から、ICTを効果的に活用した学習場面の分類例を確認しましょう。
すぐ分類する、という風に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、分類しておくと、様々なことが考えやすいですよね。学習場面、ということだけでしたら個別なのか協働なのか、家なのか学校なのか、どういう場面でも想定でき、話し合う軸がぶれます。
個別学習で必要なツールと、家と学校を結んで学習する時必要なツールは重なる部分もあるかもしれませんが、まったく違うものも必要ですね。それを同時にずっと話すのは解決までのロードマップが非常に長くなりがちです。
分類毎に話しておいて、最終的に俯瞰して見られるといいのではと思います。最初俯瞰しておいて、細かく分類毎に話すのもいいですね。とにかく、ふわふわした混然一体の状態ではない、ということを明確にしておくことが、ロードマップを短縮します。

手引きでは
A:一斉学習(教師による教材の提示)
B:個別学習
C:協働学習
と分類されています。

このうちA一斉学習では、拡大して提示する、ということが述べられていてこれはかなりの学校で実現できているのではと思われます。2010年頃には書画カメラで松の雄花と雌花を見せたら先生はヒーローでしたが、今ではそういう工夫をされている先生はとてもたくさんみえますね。

Bの個別学習は5種類あげられています。そのうち特に注目するのはB5家庭学習です。
新型コロナウイルスの脅威の結果、学習者用コンピューターを家庭に持ち帰り、学びの継続を図る、ということができた自治体とできなかった自治体がありましたね。
できた自治体は、先進的に様々な訓練を実施していたのか、というと実はそうでもないことは、熊本市の事例で度々繰り返されています。
熊本市が学習者用コンピューターを持ち帰り学習できたのは、まず、子どもたちと先生方が学習者用コンピューターの操作に慣れていたことが大きな要因であることは間違いありません。ですが、じゃあそこでZOOMの練習をしていたのか、というととくにはしていなかった、ということを聞いています。
3月下旬に各家庭のインターネット接続状況調査、4月上旬に先生方へのZOOM研修、となっています。これは他の自治体でもやろうと思えばやれた時期ではないでしょうか。

先見の明をもって、首長、教育長の強い意志でこれらの取組が行われたことだと想像できます。
その時期は、もちろん「それどころではない」状況だった自治体が殆どでしょう。おそらく熊本市もそれどころではない、と判断することだってできたはずです。ですが、家庭のインターネット状況で、接続できない3割の子どもたちには、学校で使っているLTEモデルのタブレットを持ち帰らせ、接続できる子どもたちには家庭から接続させ、オンラインで学びを深めていくことができたのです。

何が正解かについて後から検証することは非常に楽です。渦中で決断することはとても難しいことです。これを読んでくださっている行政職の方は、「子どもたちのために」どうできるか、ということを判断してもらえる方たちばかりだと思います。結果、あまりうまくいかなかったとしても、子どもたちのためを思って実行してくださったことについては、私は保護者の立場として、感謝申し上げます。

Cの協働学習については学校の壁を越えた学習に注目しましょう。2020年7月現在、各地で「オンライン学校」「学校に行かなくても学び続けることができる学校」について、検討、開始、実施されていますね。N高校の例から考えても、学区という概念は今後維持していく必要がさほどなくなってくる、と考えられるのではないでしょうか。
こういうことを勉強したい、それならそれを実施している他県の○○学校で勉強しよう、という選択をすることができるのだとたくさんの人が気づいたわけです。
地域の人、専門家、地球の裏側に住んでいる人など、インターネットは場所の制約を軽々取り払います。それは近所の学校でも同様だった、というわけですね。

「この学校に」「通う」意味が、ますます問われてきます。学力向上だけなら、きっと通学しなくてもどんどん向上できる子どもたちもいるでしょう。
ですが、そうではない子どもたちももちろんいます。そしてその子どもたちの中でも、通学したほうがより効果的な子どもたち、あるいはオンラインでマンツーマン、あるいはオンラインでそれぞれレベルにあった集団に混じる、ということが効果的な子どもたちがいるかもしれません。
学び方が多様になり、先生という職業の専門性がますます活かされていくわけですね。

手引きをもとに、子どもたちの未来の可能性を広げていきたいものです。

手引き追補版についてご説明します

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。そして、その後のICTを取り巻く状況の大きな変化に対応して、2020年6月に追補版が発行されました。要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html
vv

今回は、追補版はどこが変わったか、についてご説明します。

追補版概要https://www.mext.go.jp/content/20200611-mxt_jogai01-000003284_011.pdfによると
特に第4章と第7章を追補したとあります。
第4章では・学習場面に応じたICT活用の分類例(10の分類例)のイラストの追加と・特別支援教育におけるICTを活用した学習場面のイラストを追加、とあります。
具体的にイメージできるようにイラストが追加された、ということですね。

第7章は・「GIGAスクール構想」を踏まえたICT環境整備について追記、ICT環境 整備に向けた具体的モデル例の更新 とあり、現在進行中のGIGAスクール構想を踏まえたうえでのICT環境整備、ということが非常に重要視されていることがわかりますね。
また、・遠隔教育の推進に遠隔教育の推進に資する著作権法改正(授業目的公衆 送信補償金制度)について追記 とあり、これは新型コロナウイルスに対抗するための手段ということもわかります。

昨年から世の中が激動していますね。
例えば、昨年の今頃、「日本はラグビーワールドカップでスコットランドに勝つし、東京オリンピックは延期になるよ」と言ったらどれだけの人が信じたでしょうか。あるいは「子どもたちに1人1台端末が配られるよ!」と言ったら熱でも出たのか、幻覚でも見ているのかと本気で心配されたでしょう。それだけ、少し先の未来も分からないのが現在なのです。
ですからこそ、このGIGAスクールで得られた機会を絶対に逃さず、チャンスの女神の前髪をつかんで離さない勢いで活用しまくる未来を描かないといけません。

また、平井聡一郎先生が仰っていて気づきましたが、明治以来初めて日本全国で一斉に学校が休校になるという新型コロナウイルスの脅威はまだまだ継続中です。ですが、ICTの力があれば、学び続けることができる環境を作ることができるのです。
今年度末には1人1台が実現します。実現したら、オンラインで授業を実施する練習を普段からしておく必要があります。

リンクはどこに貼られるのか?ツールは何を使うのか?そのツールはどのように使うのか? 学校に一緒にいる間に練習をしておくのです。それと併せて、「どうやってオンライン授業にたどり着くか」考えることのできる子どもたちを育てる、ということも重要ですね。そして、子どもたちを育てるのは先生です。先生がそれらを考えることができる環境を整えるのが、行政職の皆様や私ども教育支援のための業者です。
それを考えながら、次回から追補版の第4章と第7章を読んでいくことにしましょう。

長かった手引きもいよいよ最後のページです

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。
GIGAスクール構想が立ち上がり、それに伴った内容に書き換えていたため公開が遅くなったとのことです。本編254ページ、付録も合わせると360ページという超大作なので、要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html

photo

今回は、地域、大学や民間企業・団体等との連携についてご説明します。

連携の必要性について述べられています。
学校関係者だけではなく、地域や大学や民間企業や団体と連携するといいことがあるよ、ということを言っているわけですね。
これはずっと言われてきたことで、聞けば「確かにそうだ」と思うのですが、なかなか連携が進まない現状があります。
課題としては、例えば地域と連携するときに

・ボランティアベースなのでモチベーションが続かない
・ボランティアベースなので、意図せず学校に対する要求が大きいことがあり、それをうまく理解してもらえるような説明が非常に難しい
・全体を見てコーディネートする人材が必要であるが、その人材は教育に精通していたほうが良く、教頭等が適任だと思われるが、その仕事ばかりをしているわけにはいかない

ということが挙げられますね。

大学に関しても、大学の先生と小中学校の先生は基本的に考え方が違います。
「先生」だからあれもこれもそれも分かるだろう、と思うと伝わらないですし、大学の先生側も「ICTリテラシーがこのような状態だったとは…!」「環境がこんなに厳しかったとは……!」ということが多く発生しています。
民間企業や団体は、「その活動をするためのお金はどこから出てくるか」についてが深刻です。
ボランティアベースはよいことはあまりありません。
そのため、予測される課題を事前によく擦り合わせておいて、より良い連携を図っていくといいわけですね。

手引きには参考となる取り組み事例も挙げられています。ただ、具体的な物ではなく、「そういうことがある」とまとめられていますので、実際に何という企業がどこの自治体とどのように取り組んだか、というような詳細な内容は、各種実証実験の取組報告書を見ることが必要ですね。

フューチャースクールの実践は思えば10年も前の話ですが、そこでのノウハウは現在でも通用します。一度ご覧いただくといいのではと思います。

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/future_school.html

地域学校協働活動における連携や、高等学校情報科における活用も述べられています。地域人材とうまく連携できるととてもいいので、地域学校協働本部の担当者等ともよくお話をしておくといいかもしれません。

教育の情報化に関する手引きについて、長い時間をかけてご説明させていただきました。
漸くこれで最後まで来ましたが、2020年6月、追補版が公開されました。よって次回からは手引き追補版についてご説明します。
何かご質問、ご意見等ございましたら是非お聞かせください。
よろしくお願い申し上げます。

手引き初ICT支援員特集が組まれています

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。
GIGAスクール構想が立ち上がり、それに伴った内容に書き換えていたため公開が遅くなったとのことです。
本編254ページ、付録も合わせると360ページという超大作なので、要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html

画像

今回は、教育委員会及び学校の管理職の役割についてご説明します。

ICT支援員、という言葉は大体2007年頃から使われています。学校にICT機器が普及しはじめた1994年頃から「先生だけではとても無理」ということは認識されていて、企業のSEを非常勤講師として学校に派遣する事業等が行われていました。
ですが、純粋なSEと、学校の文化は相容れないことが多く、「学校がわかっている人に来てほしい」という切実な要望が現場からは出ていました。どういう点かというと、次のある教育委員会の先生の言葉に集約されていると思います。

「企業から来たSEは、授業中プロジェクターが壊れたら、その場で直そうとする。学校がわかっているICT支援員は、別の教室からプロジェクターを持ってくる」

プロジェクターが壊れっぱなしでは困りますが、それはたった今直さなければならないものではありません。先生と子どもたちは授業がしたいのであって、授業を中断させる行為を望んではいません。
「その状況で最も早く授業が続けられる方法」がわかっているICT支援員に来てほしい、という要望が高いわけです。そのため、ICT支援員の募集要件に「コミュニケーション能力がある人」というのが多くの自治体で書かれているわけですね。

ではそのICT支援員とはどのような人たちでしょうか。
ホームページを作成する人、授業支援をする人、先生の代わりにエクセルを改造する人……様々なイメージがあると思います。
自治体によって実施している仕事内容が違うので、全国統一の知識体系、ICT支援員の定義が作成しづらい状況にあります。

そのため、「国は ICT 支援員に求められる資質・能力を整理し,一定の資質・能力を備えた ICT 支援員を育成するためのモデルプログラムを開発する」「国は,これらを周知・普及しながら,全国の大学,企業,自治体等に活用を促すとともに,一定の資質・能力を備えた ICT 支援員の育成・確保を推進する」というという改善方法が提言されたとあります。
そこでまとめられたICT支援員の役割は

・授業支援
・校務支援
・環境整備
・校内研修

の4つでした。導入後しばらく経つと、他自治体・他校での事例の収集・照会や、担当校の利活用状況の把握や課題の発見の良い改善提案なども求められるようになる、とあります。

GIGAスクール構想で全国的に一気に学校のICT機器が増加します。
導入時にICT支援員に期待されるのは、環境整備と校内研修の充実ですね。ICT支援員が充電保管庫に上手に手を入れることで、タブレットの出し入れがスムーズになったり、子どもたちが積極的にきれいにしまったりすることができるようになります。実際に現場で研修を実施できるので、そこにいる先生に必要な内容の研修ができますし、疑問点はそこで解決することができます。

ハードウェアを整備したらそこで終わり、では活用は進みません。今まで20年間の実践が物語っています。必ず人的支援が必要です。
なぜなら、先生方に、これ以上何かをする時間はないからです。

現状ですら、年間9000億円の残業代が未払いだと言われる先生方に、「新しく入ったタブレットの管理」は追加できません。放っておけば、文鎮になる可能性が高いでしょう。
使うために寄り添い、パートナーとして先生の環境を整えるICT支援員がいてこそ活用が進みます。

手引きにも「ICT支援員の業務は普及段階にこそますます重要となるものである」とあります。

重要性が増すICT支援員については必ずご検討いただくと、皆様の自治体での活用率が上がるかと思います。

次回は地域、大学や民間企業・団体等との連携についてご説明します。

何かご質問、ご意見等ございましたら是非お聞かせください。
よろしくお願い申し上げます。

教育委員会や管理職が動くことが重要です

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。
GIGAスクール構想が立ち上がり、それに伴った内容に書き換えていたため公開が遅くなったとのことです。本編254ページ、付録も合わせると360ページという超大作なので、要所要所を確認しながら読んでいきましょう。


画像

今回は、教育委員会及び学校の管理職の役割についてご説明します。

教育の情報化を推進していくためにはボトムアップでは限界があります。やりたい先生がぽつ、ぽつ、と頑張る、では広まらないということはこの20年でだいたいわかってきました。

つまり、トップの決意が重要だとわかってきたわけです。そうでなければ、「チョークがあれば授業ができる」たくさんの先生にとってICTは煩わしいもの以外の何物でもありません。
わざわざ慣れた授業スタイルを変更し、長年練り上げてきた指導案を破棄し、ICTを活用した授業に練り直すことは、お忙しい先生方にとってとても大変なことです。

ですが、大変だと言って今まで遠ざけてきたツケが一気に回ってきました。皆様もご存知の通り「なぜ休校中にほとんどの学校でオンラインで授業が始められなかったか」につきます。なぜって環境が整ってないに他ならないわけですが、それを理由にずっとチョークと紙だけで授業をしてきた、ということも方針の転換についていけなかった理由の一つではあります。

ただ、今までは世間の風潮は学校のICT環境にとって逆風が殆どでした。私の手元にはGIGAスクール構想が経済対策として発表された翌日、12月6日付の朝刊がありますが、「小中学生へのパソコン配備支援など切迫感の薄いメニューが並んだ」「急ぐ必要のない政策を査定が緩い補正予算を活用して潜り込ませた」などさんざんです。
見出しには「ばらまき」の文字まであります。

つまり、学校のICT環境を整えるのはこの手引きが発表された当時「切迫感が薄い」「急ぐ必要のない」と評価されるものだったのです。
それが手のひらを返したような今の風潮です。ずっと教育の情報化をご支援してきた立場としては驚いています。

そのため、首長の強力な意思がない限り、一人1台の実現はとてもとてもとても難しかったのが、GIGAスクール構想によって実現されようとしている今、改めて情報化を推進していくにはどうしたらいいか手引きから読み取っていきましょう。

まず、教育委員会と教育CIOが果たすべき役割として
・教育の情報化のビジョンを策定し、広く浸透させる
・ICT環境整備計画を策定し、学校のICT環境を整備する
・学校教育の情報化の推進に関する法律に則り推進を図る
・教育委員会と首長部局の連携強化
・推進体制の整備
 とあります。

どのような子どもを育てるために、どういう風にICTを使っていくのか、ビジョンを定めてそれを現場の先生方に広く知らしめる必要がある、ということですね。
また、教育委員会の指導主事は首長部局の中では任期が短く、人の入れ替わりが頻繁です。そのため、首長部局が決めたものの中に、学校では使いづらい、というものがあったとして、それをなかなか伝えられずにずっと学校は不便な思いをする、ということも少なくありません。
そこの連携をうまくいくようにすると、とてもいいですよね。

また、手引きには教育CIOと学校CIOに求められるものについて表にしたものが掲載されています。
役割を明確にし、教育CIOが道路を作って、学校CIOがそこをみんなで通っていく、ということができるようにする必要があるということですね。

次回はICT支援員をはじめとした外部人材など、外部資源の活用についてご説明します。

何かご質問、ご意見等ございましたら是非お聞かせください。
よろしくお願い申し上げます。

今までにないことですから、健康面にも気が配られています

投稿日 | カテゴリー: 2020教育の情報化に関する手引き |

皆さんこんにちは

2019年12月に教育の情報化の手引きが発行されました。

GIGAスクール構想が立ち上がり、それに伴った内容に書き換えていたため公開が遅くなったとのことです。本編254ページ、付録も合わせると360ページという超大作なので、要所要所を確認しながら読んでいきましょう。

aa

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/mext_00117.html

今回は、ICT活用における健康面への配慮についてご説明します。

ICTを活用する、というと提示装置やタブレット、ノートパソコン等の画面を見る、ということが増えますね。今までの教育活動ではあまりなかったことですから、健康面にどのような影響が出るかというのは心配なところです。

平成24年~25年の学びのイノベーション事業では、事例調査を実施し、タブレットが他やデスクトップ型の学習者用コンピュータの目や認知機能などへの影響について検討した、とあります。

その結果、授業等においてICTを活用しているか否かに関わらず、授業前後の移動生徒の体調の変化はほとんど見られない、ということが検証されたとのことです。

授業だけではなく、家に帰った後ゲーム等の影響もある中で、タブレット型コンピュータやデジタル教材を使用することだけで健康面に大きな影響等を与えるとは言えないのではないかと考えられる、とあります。

つまり、今から5、6年前はさほど健康面で問題が見られなかった、という結果が出ているということですね。

目の疲れ、姿勢、疲労、心理的な影響 についてそれぞれ実際の声が取り上げられています。2時間以上連続で使い続けると疲れる、という声はありますが、2時間以上連続で使う、という状況は何を使うにしても疲れると思います。

これらを踏まえて、具体的な対応策として挙げられているのは、まず教室の明るさです。

映り込みを防止するために、カーテンを有効に使うとあります。我慢する必要はないので、子どもたちで調整できるといいですね。また、照明環境にも配慮する必要がありますね。電気をつけなければならない、消しておかなければならない、というようなことを決めるのではなく、子どもたちが見づらければ消したりつけたりできるようになっているといいですね。

大型提示装置にも改善のポイントが2つ挙げられています。

・画面への映り込みを防止する

・文字が見やすくなるよう配慮する

です。文字が見やすい、というのは重要です。教室の一番後ろの生徒が全く読めない、というのは授業として問題がありますね。

学習者用コンピュータの改善のポイントはやはり2つです。

・姿勢に関する指導を実施する

・使いやすさへの配慮をする

このうち、使いやすさへの配慮、とはどういうことが考えられるかというと、画面の明るさを変える、コントラスト比を変える、背景色を変える等々子どもに合った見やすさを選択する、ということです。また、授業の仕方も工夫してずっと画面を見続けるような活動をするのはやめましょうという提言がでています。

このような形で健康面への配慮もしつつ、ICTを活用していくことができるといいですね。

次回は教育委員会及び学校の管理職の役割についてご説明します。
何かご質問、ご意見等ございましたら是非お聞かせください。

よろしくお願い申し上げます。